部分入れ歯の種類

おすすめの部分入れ歯治療

当院には、部分入れ歯の悩みを抱えられた患者さんが多く来院されます。

どんなに優れた技術を持った歯科医師であっても、保険制度の範囲内で機能的に優れた部分入れ歯を作ることが、現実にはなかなかできていないことも多いのです。

また、部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるかどうか、が成功への最も重要な課題です。

歯にバネをかけるということは、例えて言うなら、弱っている人(歯を失った部分を補う部分入れ歯)を、健康な人(残っている歯)が背負うということです。

そうすることで、次第に健康な人(残っている歯)の寿命が縮まっていきます。ですから、安易に治療を始めるのではなく、最初に精密な検査を行い、噛む力や残っている歯の数、状態、歯周病の有無を含めての診断が必要になります。

また、そうならないために診断をもとにしっかりとご自身の口腔内の状態に合わせた治療方法を選ぶことがポイントです。

おすすめの部分入れ歯治療

バネ(金具)の見えないノンクラスプデンチャー

入れ歯をしていることに気づかれたくない方にお勧め

保険の入れ歯の場合、入れ歯を自分の残っている歯にバネ(金具)を引っ掛けるため、笑ったときなどに入れ歯をしていることが分かってしまいます。

そんな悩みを解決するのがノンクラスプデンチャーです。バネ(金具)を必要としないため、入れ歯を入れていることを気づかれません。

バネ(金具)の見えないノンクラスプデンチャー(金属床)

入れ歯をしていることに気づかれたくない方にお勧め

通常のノンクラスプデンチャーに、金属を貼り付け、強度を高めた入れ歯です。バネ(金具)がない入れ歯を、長持ちさせたい方におすすめです。

※金属で強度を高めていますが、外から見えない部分に使用しているため、入れ歯を入れていると気づかれることはほとんどありません。

バネ(金具)の見えないノンクラスプデンチャー(金属床+シリコン)

入れ歯をしていることに気づかれたくない方にお勧め
入れ歯があたって痛いと感じている方にお勧め

通常のノンクラスプデンチャーに、金属を貼り付け、強度を高めた入れ歯です。バネ(金具)がなく、長持ちさせたい方におすすめです。
さらに、入れ歯がはぐきにあたる部分にシリコンを敷くことで、入れ歯のあたる痛みが軽減され、強い咀嚼(そしゃく)が可能になります。

保険の入れ歯

保険の範囲でできる入れ歯は、バネ(金具)が目立つだけでなく、バネ自体の強度が低いため、バネが変形しやすくなります。
そういった変形などが原因で、痛めを生じ易くなります。