金属アレルギーとは?

保険治療で使われるよく言われる銀歯とは、「パラジウム合金」と「アマルガム」などの保険治療で使用される金属のことを言います。

特にアマルガムについては、体に対する害が問題視されており、アマルガムの組成は、水銀が50%で、残りは銀、スズなどです。

アマルガムは、口のなかで溶けやすく、水銀は気化して口の中の粘膜からも吸収され、血中に入り体の中にどんどんたまっていき、それが細胞遺伝子レベルで悪影響を与えます。

金属アレルギーとは?

元素別パッチテスト陽性患者数

口の中にある金属を取ることで、症状が劇的に良くなっている人が大勢います。

もしあなたの症状の原因が金属であるならば、身体に合わない金属を外すことで、
金属アレルギー、アトピー性皮膚炎、掌せき膿胞症、肩こり腰の痛み、背中の痛み、偏頭痛、鼻づまり、目の重み、股関節の痛み、足の痛み、首筋のこり、腹痛、めまい、冷え性、不安感、イライラといった症状が改善されます。