予防の重要性

予防の重要性

こんなデータをご存知でしょうか?

ここで、スウェーデンでの事実にご注目ください。
スウェーデンでは20年以上前から定期的な歯のメンテナンスを国民に義務付けてきた(最低3ヶ月に1度は歯のメンテナンスを受けるという義務)結果、80歳で平均25本の歯が残っているという驚くべき成果が現われています。(義歯を入れる人は人口のわずか1.7%です。)
オランダでも同様な方法で80歳で25本の自分の歯を残すことを達成しています。
一方、日本では痛くなったときに歯科医院に通うというスタイルの結果、80歳でわずか6本の歯が残っているのが現状です。

予防の重要性

子供にとっての予防の重要性

『どうせ、乳歯は生え変わるんだから、多少虫歯になっても問題ないんじゃないの?』

そんな風に考えているお母さんはご注意下さい。乳歯が虫歯になると、永久歯に生え変わる際、永久歯が曲がってでてきます。

結果、高額な矯正治療を行う必要がでることもあります。

高齢者にとっての予防の重要性

75歳以上の人に残っている平均の歯の本数は9本と言われています。歯で物を噛む機能だけではなくて、歯根膜から神経を通して脳へ刺激が伝わります。この食べ物をかみ砕く時の刺激で、脳が活性化され、血流量が増加すると考えられます。

75歳以上の人に残っている歯数は平均約9本ですが、アルツハイマー型認知症患者の人は残っている歯数が平均して約3本だったそうです。

残った少ない歯をできるだけ長く維持することが生涯の健康的な生活に影響を与えます。

予防によって生涯医療費が安くなる

「歯に気を使う人は全身の健康に対する意識も高く、医療費を抑えることにつながっている」と証明されています。
高齢になるほど残った歯の本数による平均医療費の差は広がる傾向にあります。
80歳の人では、残った歯が20本以上は35,346円だったのに対し、4本以下では49,987円で、約15,000円の開きが出ました。

当院でも、ご自分の歯を守るために、歯のメンテナンスに定期的に来院される患者様は年々増えています。
当院に通っていただいている患者様には丈夫な歯を保ち続けてほしいです。

定期健診・メンテナンス

定期健診って何をするの?

STEP1
なにか気になることありますか?

歯やお口のなか、体調や日常生活などのことでなにか気になったこと、困っていることがあるかをお聞きします。

STEP2

むし歯、歯周病、以前に詰められたところは大丈夫かカルテを見ながら、お口の状態が良好かどうかや治療済みの場所にトラブルが起きていないかをチェックします。

STEP2
チェックの結果をお話しします。

チェックした結果を患者さんにご報告し、ご説明します。前回のメンテナンスのときとの違いや、ケアが上手になって改善しているところなども具体的にお話しします。

STEP4

日常生活でどんなところに気をつけるとよいか、患者さんごとに歯ブラシや歯みがき剤の選び方などケアのアドバイスをします。

STEP5
クリーニングをします。

歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石をすみずみまで取り除いてお口のなかの環境を整え、むし歯や歯周病の原因菌を減らします。

STEP6

フッ素は歯を強くし、むし歯予防にたいへん効果があります。軟らかい乳歯のお子さんから、歯ぐきが下がって歯の根元にむし歯のできやすいシニア世代の方まで、みなさんにおすすめします。

STEP7
歯科医師が診察します。