無痛治療への取り組み

皆様は「歯医者さんは痛い、怖い」というイメージをお持ちではありませんか?ついつい足が遠のいてしまいがちですね。痛みに耐えきれなくなったり、差し歯が取れてしまったりして、そこでようやく来院されるのではないでしょうか? そこで、おさない歯科はできるだけ痛くない麻酔を行っています。

1. 表面麻酔

ゼリー状の麻酔薬です。麻酔の針を指す歯肉表面に塗ると、針が入るときの痛みが和らぎます。

2. 麻酔液を無痛温度に温めます

麻酔液の温度が、体温に近いほど歯肉に麻酔液が入るときの痛みを和らげることができるため、麻酔液の温度にも気を配っております。

3. 最も細い麻酔針(33G)

上の針が33Gというサイズの極細の針です。細い方が痛みを感じにくくなります。

4. 最新機器

「歯の治療は痛くて!」という患者さんの声に応え、痛みのない治療実現のために最新機器を導入しています!雑色歯科クリニックでは電動麻酔器(オーラスター)を使用し、なるべく痛みの無い治療を実施しております。
安定した低速度で少量ずつ注入できるため、麻酔が速く、よく効きます。
また、よく効くため麻酔薬の量を最少に押さえることができるので、安心で安全です。